君も来てみないか?

関西将棋会館道場

関西将棋会館道場

関西将棋会館は、大阪環状線福島駅を出て徒歩3分の所にあります。
日本将棋連盟関西本部、棋士会が主催のプロからアマチュアまで幅広い方々が参加する将棋大会が行われる会場になっています。
将棋といえば昔から日本にあるイメージが強いですが、いつからあるのかを詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。
将棋の起源は、古代インドの「チャトランガ」という盤上ゲームだといわれています。
チャトランガは、8×8の64マスの盤上で4人で行うゲームで王、象、馬、車、兵の5つの種類の駒を使って遊ぶものでした。
輸出される際、2人で遊ぶゲームにルールが変更されたものが現在の将棋の元になっているそうです。
将棋といえば年齢が高い方に人気のイメージが強いですが、最近ではキッズにも人気で習い事として将棋教室に通わせている家庭もあるそうです。
また、女性で将棋を指す人も増えてきており女流棋士の人数の数も増加しています。
初めての方には少し難しいイメージがありますが、挑戦してみることで将棋の奥深さや楽しさを知る事ができると思います。
関西将棋会館では、主に土曜、日曜に将棋教室を開催しています。
超初心者コース、ビギナーズセミナー、子ども将棋スクールなどがあり、
棋士や女流棋士から直接学ぶことが出来ますので興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です